毎朝の朝ご飯が食べられない人は、無理して食べなくても良い

朝ごはん 食べるべきか 未分類




PR

朝ごはんって食べる必要あるの?

いつからなのか何なのか、基本的に現代社会では食事の時間が朝昼晩と定められている気がします。

多分会社が学校などの就業時間やお昼の時間の設定が定まっている所為だとは思うのですが、それでもちゃんとその時間帯にお腹が空く人はそんなにたくさん居るのでしょうか。

 

朝ごはんは食べるべき!だなんて風潮

朝ごはんは毎朝きちんと食べるべきである。

これ、朝食べるのが苦手な人からすれば地獄のような言葉ですよ。

低血圧とか胃腸の調子などで朝ごはんを食べることが苦手な人は多いのです。
それを知らずに結構多くの人が強制的胃に朝ご飯を食べさせようとしてきます。

食べさせられそうになっている人にとってその朝ご飯は拷問でしか無く、1日の始まりの中では最も苦痛を感じるそうなので、出来ればあまり教師的に食べさせない様にして欲しいですね。

 

お腹が空いた時に食べればいいのでは?

朝ご飯が食べられない人の、その朝ご飯に相当するであろう食事は昼ご飯になるのですが、朝食べなくても大丈夫な人は本当に朝食べなくても身体が機能して行くので、普通に食べられる人が過剰に心配する必要は無かったりします。

また、朝とか昼とかのタイミングでお腹が空かない人もたくさん居るので、変な時間にこっそり食べている人を見つけても誰かに言いつけたりしないで、多分この時間がこの人にとってもベスト食事タイミングなんだと納得して欲しいですね。

この世はいつの間にか決められた食事タイミングを守らないとオカシイと思っている人に席巻されていますが、実際は食べたい時間に食べれば良いと思うので、自分のペースや体内時計に従って食べて欲しいと思います。

 

無理して食べたって何も楽しく無いし、食事が嫌いな子供が増えてしまうかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました